人生においてお金を借りることって、誰にでもあることだと思います。例えば、ちょっとした金額であれば友達だったりとか、住宅など大きな金額であれば銀行から借り入れたりとか。お金を借りるということは当然ですが、返済することが義務となります。

 

 お金を貸す側が金融機関の場合は借手の信頼性よって返済不履行のリスクもある為、利息も変わるわけです。企業が銀行から借り入れする場合は、企業規模や事業内容、取引実績を加味の上で利息も決まります、もちろん銀行側が信頼に足る相手と判断した場合は利息も低くなります。

 

 それでは個人間でお金の貸し借りを行う場合は、どうでしょうか。大抵はそれ程金額も大きくないし気心知れた相手であるので利息などとらず、返済期限もざっくりとしたものとなりがちです。そうなると借りた側も、返済することを忘れてしまうといったことがままあるでしょう。そしてお金を返さないことで、今まで築き上げてきた相手との信頼を失うことも十分にありえることと思います。どうしても知り合いなどからお金を借りる場面が出てくるかと思いますが、その際は本来金融機関から借りる際の条件に目をつぶってもらっていることを自覚し、相手に甘えることなく誠実な対応が必要と感じます。